一覧に戻る

  • すごくいい商材がたくさんあって勉強もさせてもらえるし、自信もつく。

    大学を卒業して開業すると話す人もいないし、一人店主で一人ぼっちということでそれが一番不安というか悩みでした。

    調剤をやっていましたがなかなか一人では勉強する機会がないし、売上も少なかったです。松井先生や岡野さんと20年前、正官庄の紅参の講演で出会ってお付き合いが始まり、会に誘われました。

     

    うちはぶれないお店だったので、会に入ることで売る商品の金額のノルマや会費があったらどうしようかと思った。特にそういうノルマはなく商品も一個ずつからでいいよと言われ、できるところから始めようかなという感じです。

    入会の決め手は岡野さんですよね。相談はもちろん大事やけれども、売ってこそお客さんが元気になって幸せになる、と言われやっぱり売らなあかんなあと思った。それまでは売れなくてもその人の役に立つ情報を言ってあげればいいという、仏さんのようなことを思っていたんですが。

    実際そうではなくってやっぱり売って飲んでいただくことで元気になって下さるし、そのあがった売り上げでまたお客さんにいろんなことを提供してあげるということもできるわけで。

    というようなことを教えられました。

     

    大阪の人って商人のようなところがあるじゃないですか、売ってなんぼの。岐阜県の人ってそういうことってないもんで、そういう風に育てられてきたもので、やっぱり大きなことをやっていくにはお金も必要やし。そんなんを教えられここに入ったらそういうことも出来るのかなと思って。実際に入会して一番良かったと思うことは、無料で月に1、2回勉強会に参加させてもらえる。

    一つの商品に対する勉強会もあり、一つのテーマ、癌なら癌に対する検討会とか、また経営の勉強会もあり、いろんな仕事をやる多方面からの勉強会があって、非常にありがたいし、またそこに集まる仲間がいたということですね。仮に自分の薬局でわからないようなことがあっても、仲間に聞いたりとか、相談できる人がいるっていうのが、精神的にゆとりがあるということがとても良かったと思います。

     

    勉強会だけでなく毎週一回ファックスが送られてきて、症例情報とか実際にこういうふうにしてこうなったという具体例を教えてもらえるし、役立っています。仲間との出会いということもそうなんですけれども、色々な会で活躍される先生とも出会い、例えば永田先生や安保先生にしろ、佐藤先生や堀之内先生にしろ、その道のプロといわれる方と出会い、そういう体験談やお話をたくさん聞かせていただけることがすごく印象に残ります。

     

    以前、葉綺先生の講演を聞かせていただいた時に、そのオーラと言うか講演の内容ももちろん素晴らしいんですが、気が出ているというか、触ってあやかりたいというか、あれは忘れられない体験と言うか、葉綺先生のそばにいるだけで安心できる病気が治る、他のお医者様が治せないでも、葉綺先生が治されると治っていくということがすごく解る気がします。

    素晴らしい先生だと思いました。将来こんなふうにこんな先生になりたいなと思いました。研修旅行がこれがまた、楽しい仲間と一緒に美味しいものを食べたり、自分ではなかなか泊まれないようないいところに泊まれて、そこの美味しいものを食べられて、飲むわ食うわで、毎年の楽しみです。これから生活習慣病とか、今はもう調剤薬局も大変だし、一般のそういうOTCをやっているところも普通にやっていたらすごい大変な時代じゃないですか。だけどここで勉強すると、よその店と特化ができるというのですかね。

     

    例えば、皮膚病とかアトピーに対して強くなるとか、卵子とか非結核性抗酸菌症とか、なかなか他の所が真似できないような病気に対しても、すごくいい商材がたくさんあって勉強もさせてもらえるし、自信もつく。こういった方面で活躍したい薬局薬店さんとか、他、中医学を勉強されている美容師さんとか薬膳やっている方とか、いろいろなカウンセラーをやっている方とか、とにかく良い商材があるんですよね。良い商材があるしノウハウがあるんで、今やっておられることにプラスこれができるんで、是非お勧めしたいと思っています。